ありふれた人生の中

傷つきたくないから探してる/不定期更新/備忘録&日記

部屋と人生

今日は半年振りに大掛かりな部屋の模様替え(家具の配置変え)をしました。

 

大変だけど、それまでの不満点が改善され新鮮な気持ちになれるので割と好きなんですよね。

 

まぁ、それで新たな不満点が生まれるのでループなのですが…(苦笑)

 

ミニマリストにでもなればそのような無駄な気苦労も必要なく楽なのかも知れませんね。

 

と、本題はそこではなく、部屋の家具配置に正解はなく、自分の意識次第でどうとでも変えられるということです。

 

部屋の大きさは変えられないにしても、自分が変えようと思い立ったその瞬間から思うように変えられますよね。

 

でも、そのこと自体を忘れがちです。

 

要するに、不満点がない場合を除き、それがそうそこに存在しているのが前提で変えられるという発想、概念をつい忘れてしまうものだと思うのです。

 

家具の配置に始まり、数から、質から、大きさから、色から、本来全て自分の意思で選択できるはず。

 

妥協して買う事も多いでしょうが、常に情報を収集し、望みの物を探し続ける事は可能ですよね。

 

それって人生も同じじゃないです?

 

部屋の大きさをその人の生まれ持った不変の才能だとして、生き方の選択は思考停止せず情報を追い求め収集する事で更新可能で、いつどんな時でも変えるための行動が取れるというように。

 

もちろん規模は違いますけど、現状を変えるためには労力を要する点も同じですよね。

 

他の先人からインスピレーションを得る事もできます。

 

と、部屋の模様替えをしていて思ったのでした。

 

話を物まで広げると、Amazonのおかげで価値観が広がったことを覚えています。

 

「〜が…だと便利なのになぁ」という点を解決してくれる品が見つかったり。

 

例えば、洗顔用泡立てネットだったり、複数USB接続可能コンセント(?)だったり、卓上三面鏡とプロ用シザーでセルフカットが捗ったり。

 

ふと思いましたが、本のようにその分野に精通した専門家(定義は詳しければ不問程度)から情報を仕入れ、全て実践したら最強になれそうですね。

 

家具、ゲーム、コンビニ飯、ファッション、本、音楽、等々。

 

ありとあらゆる触れる全ての物事をその分野のトップ情報で埋め尽くしてみたいですね。

 

ということで早速、まずは何か一つの分野について極めてみようかなと思います。

 

最近、フッションにハマっているので服や靴について詳しくなってみようかな。

 

ワクワクしてきたそんなところで。