ありふれた人生の中

傷つきたくないから探してる/不定期更新/備忘録&日記

寒いと冷たい

3月に入って、ようやく暖かさを感じられる日が出てきましたね。

 

暖房、こたつ付けっ放し人間だったので電気代が冬は8,000円近くしていたのですが、これで半分ほどに戻るでしょう。

 

どうやら一般より寒さにはだいぶ強い人間ではあるらしいのですが、それは暑がり汗かき対策として不可避な暑さ対策として薄着が多いだけで、暖かい方が快適なのは言わずもがな。

 

外で何時間も過ごすなら着込みますが、外食行ってアウター脱いで置いておく場所を探したり(そもそも脱ぎ着が面倒)、電車の暖房が効き過ぎて汗だくになったりとそうなるよりはというだけで。

 

今年は以前話したように、NIKEのテックフリースジョガーパンツに出会ったお陰で快適に長ズボン生活を過ごせましたが、それまでは冬でも短パン履いてることが多かったものです。

 

よく頭がおかしいとか職質されるぞとかネタにされてましたが、寒さと冷たさって別だと思うのですよ。

 

あくまで自分の感覚ですが、「寒い(寒さ)」って「低気温による息のしづらさの感覚」だと解釈していて、息も凍るような時って心臓が締め付けられるような感覚になりませんか?

 

分かりやすい例は、風呂場で間違えて冷たいシャワーを浴びた時。背中に急に氷を入れられた時。

 

その時は、「冷たいっ」と声には出すと思いますが、寒さは瞬間的なものではないのでよいでしょう。

 

で、「冷たい」の定義は「低気温により部分的にその部位も温度が下がること」だと思っています。

 

言い忘れていましたが、身体感覚のお話です。

 

で、先述の冬の短パンに関しては後者だと思っていて、脚が冷えても身体全体に回るほどではなく、脚が冷たくなる程度なんですよ。

 

逆に、半袖だったらキツかったと思います。

 

何故なら、やはり心臓に近い分、息のしづらさに大いに影響するので。

 

だから、流石に上は長袖のインナーに何らかの上着は着ていました。

 

とか、わりかしくだらないことを力説したら、それはそれでまたネタにされたのですが…。

 

短パンより低気温を原因としてつらかったのは、手先が痛くなることと、耳が冷えることで頭が痛くなることはよくありました。

 

手袋は面倒を理由に否定派でしたが(スマホ触りにくいとか)、ファッションに多少目覚めてからは購入検討しています。

 

でも、耳ってなかなか対策できず、ニット帽はまだまだ初心者には手を出せないです。

 

寝起きに鼻の先が冷たくなった日は冷えるという自分予報を立てて過ごしてきましたが、もう春ですか。

 

ちらほら周りでも花粉症を発症し、しんどそうにしている人が出始めました。

 

私は非花粉症なので助かってますが、父と三男の弟は花粉症で大変そうです。

 

以前調べたところ、小麦が原因なんではないか?とか色々見つけて、グルテンフリーが世で流行ったり、かと言えば否定派が出てきたりと錯綜していますが、今後発症する可能性も考慮しまた調べ直して報告できればと思います。

 

それでは。