ありふれた人生の中

傷つきたくないから探してる/不定期更新/備忘録&日記

春日(さん)のセンター結果発表と企画について思うこと

ついに発表されましたね。

 

あの番組内としては薄く短い企画でしたが、東大受験のネームバリューから番組外では自分含め話題になっていました。

 

448/900点

 

現代文92点は凄いとして、他はどうなのかな。

 

東大合格請負人だとか、あの人には結果論としてデメリットになってしまった感ありますよね。

 

名前は売れても結果出せてないやん的な。

 

東大合格は奇跡でもその一歩手前まではと思いきや、現代文以外は壊滅。

 

それも指導の結果というよりは地力でしょう。

 

古文漢文は解けてませんでしたし。

 

私は勉強法マニアなので色々な勉強法に関する本や情報を集めているのですが、あの方が出している「偏差値35の野球バカでも東大なら受かる勉強法」という本を持っており、存在は知っていましたが。

 

中途半端に「数ヶ月で3年分の内容を終えたのでいけるかもしれません」とか言わない方が良かったんじゃなかろうか。

 

ざっと進めただけで、解けてないやんと。

 

まぁそれがあの与えられた時間では当たり前どころか、80点UPは頑張ったんじゃないですかね。

 

春日(さん)にはメリットあったのかな?

 

番組内での企画の扱いは薄かったですし、名前はすでに売れているし、勉強したことは無駄にならないとしても多忙な中に詰め込むほどのものでは本来ないですし。

 

それより、今後の方針、展開が発表されていなかったのでそっちの方が気になりますが。

 

他大学受験はないんじゃないかなぁ。

 

東大なら入る価値もあっただろうけど、448点で受かる大学に日大卒が入り直す価値はないでしょう。

 

学歴厨ではないですが。

 

来年度も受験予想してましたが、多忙ぶりを考えるとそれも厳しいのかな。

 

完全に忘れてましたが、企画倒れ防止要員にちゃんと名前を売りたい高学歴な若手3人もいるんですよね。

 

慶応現役生、慶応卒、早稲田卒の3人。

 

3人中既卒2人が足切り突破とのこと。

 

東大合格の企画は来年じゃなくこの2人に賭けられた感じですかね。

 

個人的には、色々あって早稲田卒の五十嵐さんには頑張ってもらいたいです。

 

まぁ、この結果から世間一般は「やっぱり普通の人が少し頑張った程度では到底及ばないくらい東大って凄いんだな」という解釈をするのかな。

 

最近の東大生を取り扱うブームというか風潮と組み合わさって、やっぱりあの人達は努力ももちろんのこと才能があって別次元の人達だと思われるのだろうなぁ。

 

毎度送り迎えをしていただいている家庭教師先のお母様も同じようなことお話しなさってましたし。

 

雑魚な私がこのような書き方をしても嫉妬にしかならないのでアレですが、指導する立場としてはやりさえすればそんなことはないんだけど…、という感じ。

 

何らかの形でやればできるを体現し証明して説得力持たないといけませんね。

 

そういえば、Twitterで田村淳が受験の技術、裏技教わったとかって記事に代ゼミの荻野さんがダメ出ししてたのは笑いました。

 

普通に人として好きですし、頑張ってて凄いと思うので、春日(さん)にはお疲れ様と言いたいですね。

 

そんな感じです。